生涯数千万も損してしまわない為のお金の知識〜UR-Uアウトプット記事〜

未分類

こんにちわSくんです

本日はサラリーマンが手取りの収入を簡単にあげる方法の話をしていこうと思います。
「そんな簡単に収入が上がるわけないじゃん」
「仕事の環境が人それぞれ違うのに勝手なこと言うな」
こんなことを思われる方がほとんどだと思いますが、この記事を読み終わった時には90%の人の所得は上がってるはずです
残りの10%の人は?というと行動できない人です
行動できる人が結局得をする世の中です。今後一生損をしていくことを選びたくないのであればここで行動して得する人生にシフトチェンジしていきましょう

■この記事に書いてあること
 

  1. まずは日本の情勢をしっかりと理解しよう
  2. では具体的にどんな手法で節税対策するの?
  3. まとめ

この記事を読むことによってどうなるか

●現状の日本情勢が理解できる
●明日からのすべきことが明確化し実践することにより生涯数千万以上得してしまう
●お金持ちになるために頑張る必要性がなくなる

■自己紹介
Sくん:昔からの夢がお金持ちになることでした。20歳の時にネットワークビジネスに手をだし500万円の借金を背負い、コツコツバイトをしながらその借金を返しながら友達に東京に誘われ、またお金持ちになる夢を叶えるため東京へ旅立つ。
最初にした仕事がぼったくりキャバクラのボーイでした。毎日毎日お客さんと歌舞伎町交番とATMの往復の日々。そんな中出会ったスカウトという仕事に自分の全てを捧げ1年で月収100万円。スカウト歴5年ほどで最高月収は3000万円までいきました。
稼いだお金は湯水のように使い貯金などもちろんしていませんでした。
ふと「このままではやばい」と思いスカウトを辞め地元に戻りました。そんな中で出会ったのが竹花貴騎さんのユーチューブでした。地に足をつけて明日から使えるスキルをUR-U(ユアユニ)をメインに学び。後を継がないといけない会社で会社員として奮闘しています。
自分が置かれている状況は会社員となんら変わりませんので共感してもらえる方もいるのではないかなと思っているので一緒に頑張っていけたらなとも思いますし、すでに事業をされている先輩方にはご教授願えたらと思いますのでよろしくお願いします。

■日本の情勢をしっかり理解しよう

今の日本の政治ってどうなっているかわかりますか?
簡単に言うと若者に厳しく、高齢者に優しい世の中になっています

ではなぜそんな世の中になってしまっているのか

高齢者が年々増えているから?それも理由の一つになりますが根本を言うと選挙です。
選挙で当選するには若者と高齢者どちらを味方につければ当選するのか、誰でもわかる通り高齢者です。圧倒的に高齢者の投票数が多いので、高齢者を味方につけることのできる政策を打ち出さないといけなくなるのです。

こうして高齢者にとって良い政策ばかりを打ち出していく事によって増えていくのが政策費用です。
その政策費用はどこから出ていくのか?
税金です。
その税金を払っているのは高齢者?違いますよね?今を生きる若者達が納める税金で賄っています。
高齢者の投票数を得るための政策を打ち出した政治家達の尻拭いをするのが若者達です

これにより財政赤字が膨らみ税金を上げないといけないといっていますが、
金融政策で日本はお金を刷って刷って剃りまくっていますよね?
その刷ったお金を国民に配ったことを覚えていますよね?
ある時銀行に2万円、10万円国から振り込まれていました。
その振り込まれていたお金の大半はタンス預金として市場に出回ることもなく未だに眠っているのです。
明るい未来なら使うんだけど、将来不安な未来だからみんな使わずタンス預金に変わっているんです。
だから国は刷ったお金を株に変えています。
そしてさらに加速する日本の財政赤字は1200兆円
1200兆円の財政赤字を国民の税金で補えると思いますか?
いいえ。補おうと国はしているので今後税金が安くなることはないでしょう。ここ数年で、すでに5%も増税しているわけです。
財政赤字のほとんどが公共事業での赤字です。でかい橋を作ったり、でかいダムを作ったり、道を作ったり、東京オリンピックもそうですね
どんどん増えていく赤字を僕たち国民が返すために毎日毎日働いていくわけです
こんな日本に明るい未来が待っているのか。もう一度考えたいものです。

結論

  • 会社員が苦しくなっていく国である
  • ・増税はこの先さらに続く
  • ・公共赤字はさらに加速し継続していく
  • ・もうすでに日本の政治は機能していない

では、この日本で生きていくためにどう言う対策をしないと行けないのか

もし日本で平均より豊かな暮らしをしたいと願うのなら
55%の税金ではなく70%近く税金を払って行かないといけなくなる

  • 買い物をするために消費税を払う
  • 家を買えば固定資産税
  • 車を持てば車検
  • 車で走れば通行料
  • 死んでしまったら相続税

豊かな生活をしたいから頑張って年収を上げたのに訳のわからない生活になってしまう
ではどのようにすれば良いのかというと貧乏になるということです
貧乏になることが一番のお金持ちになれる方法です。

■具体的にはどんな手段で税務対策をすればいいの?

節税対策の為に副業をしようとよく目にするかと思いますが、ただ副業をするだけでは節税対策にはなりません。
副業ではなく事業をしましょう。雇用ではなく社内起業をしましょう

※副業(雑所得)経費がしっかり使えない
 事業(事業所得)経費がしっかり使える

今からあなたがすることは社内起業をすることです

ではここからが本題です。

もしあなたが会社員なのであれば明日会社にいって社長室に行き
「新しい事業をしたいので会社を一個作らせて欲しい」
「今の給料のままでいいので業務委託に変えて欲しい」
こう提案すれば良いだけです。
ここが通れば
「今まで会社が負担していた控除金額分を全額じゃなくてもいいので委託費に上乗せしてくれませんか?」
と交渉するだけです。
実はこれを大企業、外資系の会社員はやっています。
僕の周りにも某保険会社の人や某IT会社の人たちはやっています

そこが通れば最安で作れる法人を作レル「合同会社」を作りましょう
合同会社を作ることによって、
個人事業だとシビアにみられてなかなか認めてもらえなかった
福利厚生費、接待交際費、会議費などが法人だとしっかり認めてもらえます

法人税と所得税をうまく使って節税をしていきましょう

例えば

①今年100万円ぐらい利益が残りそう。。。
法人税だと15%だが所得税だと0%だから所得として申請しよう
②今年10億円ぐらい利益が残りそう。。。

このように利益を調整できますし、ほとんどの経営者の方はしています

まだ節税対策ができる方法があります。

個人所得が1000万円になるとします
所得税は約280万円になってしまいます。

ですがそこに彼女だったりが会社にいて500万円ずつ所得を分散していたとします。
そうすると500万円に対しての所得税は約110万円。二人で220万円。
60万円節税できる訳です。

他にもいるよーって言う場合には所得は100万円切るかもしれません。
そうなってくると所得税は0です
280万円が0円になってしまうんです。

こんなことを学校の授業でも教えてくれませんし、ましてや国が教えてくれるわけがありませんよね。
こいう情報は自分から取りにいって学ぶしかありません。
この記事に出会えてこの情報を知らなかったあなたは生涯数千万以上得をしたのと同じです。
あとはこの記事通り動いて得をするのか、動けずに今後一生損をしていくのか。
しっかり考えて一つ一つをクリアしていきましょう。

■まとめ

  • 明日会社に行ったらまず業務委託に切り替えましょう!
  • 社会保険などの控除額分の上乗せ交渉をしっかりしましょう!
  • 合同会社を設立しましょう!
  • 無職の家族などがいれば雇えるだけ雇いましょう!
  • 旅費規定と福利厚生規定を作りましょう
  • 毎月領収証をしっかり保管整理し青色申告をしましょう!

たったこれだけだけです。
実際にこの講義を受けて次の日に実践しました。
立場上会社内起業はできませんでしたが会社員でありながら新規事業として合同会社で登記中です。
難しいことは特にありませんがわからないことなどあればググればいいし、ググってもわからないことなどあればUR-Uで質問すればわかる人がしっかりわかりやすく教えてくれるので本当に助かっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました