【UR-U】【竹花貴騎】起業の秘密マニュアル〜ひとり会社を作ろう〜

未分類

こんにちわSくんです
起業する時、した時に必要なスキルはとにかく稼ぐスキルです。
稼げないのであればまず稼ぐスキルを磨かなければなりません。
じゃあ稼いだとしてその稼いだお金をどうしますか?
散財しますか?稼いだお金を守りますか?
今日の記事は、起業した時に必要な財務スキルをまとめてみました
いきなりお金持ちになることはできません。
お金持ちになる過程でまず知識持ちになる。
その知識でしっかりお金を残す、うまい使い方を覚えることがお金持ちになる一歩だと思います。

■この記事に書いてること

  • なぜお金を残すのかを考える
  • 起業することのメリット
  • 正しい税金の知識
  • 具体的にお金を残す方法

■この記事を読むとこうなる

  • 税金のことを深く知ることができる
  • 今日から節税対策ができる
  • 今後数千万単位で得をすることができる
  • このスキルで財務コンサルができるようになる
■自己紹介
Sくん:昔からの夢がお金持ちになることでした。20歳の時にネットワークビジネスに手をだし500万円の借金を背負い、コツコツバイトをしながらその借金を返しながら友達に東京に誘われ、またお金持ちになる夢を叶えるため東京へ旅立つ。
最初にした仕事がぼったくりキャバクラのボーイでした。毎日毎日お客さんと歌舞伎町交番とATMの往復の日々。そんな中出会ったスカウトという仕事に自分の全てを捧げ1年で月収100万円。スカウト歴5年ほどで最高月収は3000万円までいきました。
稼いだお金は湯水のように使い貯金などもちろんしていませんでした。
ふと「このままではやばい」と思いスカウトを辞め地元に戻りました。そんな中で出会ったのが竹花貴騎さんのユーチューブでした。地に足をつけて明日から使えるスキルをUR-U(ユアユニ)をメインに学び。後を継がないといけない会社で会社員として奮闘しています。
自分が置かれている状況は会社員となんら変わりませんので共感してもらえる方もいるのではないかなと思っているので一緒に頑張っていけたらなとも思いますし、すでに事業をされている先輩方にはご教授願えたらと思いますのでよろしくお願いします。

竹花貴騎から学ぶシリーズ。どうすればお金が残るのか。。。

麻生さんが老後普通な暮らしをしたいのであれば3000万円は残しておきましょう
国は定年雇用努力を会社に求めています
経団連の会長は終身雇用なんてもう無理。トヨタの社長はなんのスキルもない人間を雇用することなど無理と言っています

資本主義では自分で始めた(行動した人)が勝つ仕組み
お金持ちがどんどんお金持ちなり、貧乏人はどんどん貧乏人になる仕組みになっています

会社員の給料=約55%の税金
社長が会社を売却=約20%の税金
例えば

会社員が毎月30万円の給料をもらっています。その人の価値は30万円です。
会社が毎月30万円の利益を残しています。その企業価値は大体1800万円です。
同じ金額を残していても価値がここまで違います。
尚且つここから税金を引いてみましょう
会社員5年間の収入1800万円=990万円が税金。手残り810万円
会社の売却金額1800万円=360万円が税金。手残り1440万円
この差なんと630万円です

これを知ってまだ会社員で頑張っていこうと思えるでしょうか?

起業時代(独立、兼業)に突入

みんなこのままだとやばいと思っているからでしょう
ただ未だに副業禁止な会社があったりします。
だから副業ができない。と言う人もいいますが本当にそうなのでしょうか?
公務員でもやっている人はやっていますよ。
ではバレない方法を二つご紹介しておきましょう
会社は妻の名義で設立。妻がいない場合は誰か無職の家族になってもらう。
自身の名義で設立して役員報酬は0円にする
たったこれだけで会社にバレることなく副業できるのでちょっと興味ある人はググってみてください。

給与所得をどのように考えているか

会社員の場合

100円のコーヒーを買うのにいくら必要ですか?
100円!!と言うばかか社畜がいますかだから搾取されまくって貧乏なんだよと言いたい。
100円のコーヒーを買うには125円稼がないと100円のコーヒーは買えません。

どう言うこと?
と思われる方は給与明細を見てみください。しっかり25%ほど引かれて口座に振り込まれてませんか?

個人事業主、法人の場合

125円稼いで100円のコーヒーを会議費として買う。すると5円の税金で20円残る

雇われるか雇うかの違いでたった100円で20円も差が出てきているわけです。

大手と中小企業どちらが優遇されているか

やはり大手企業がこの日本の財政を支えてるから優遇されてるんじゃないかと思うのですが
実際は中小企業の方が優遇されています
*ここでの中小企業は資本金1億円以下を表しています
だからこそもし法人設立を考えていて資本金で悩まれていたらとりあえず資本金は下げておけば間違いないです。

正しいお金の知識をつけよう

しっかり知識をつけておけば生涯数千万、数億関わってくる話になってきます。

売上=消費税 利益=法人税、住民税、社会保険 株式配当=CG税(キャピタルゲイン)

どこにどのような税金が発生するのかをしっかり把握できていれば今の現状での施策が変わってきます。
売上を減らすのではなく経費を増やす
利益に対して税金が重くかかってくるからというわけです

節税の絶対スタンス

  • 現金(即利用可能な試算を持つ)
  • 先延ばしできるものは先延ばし
  • 落とせるものは即落とす(経費)
  • 法的優遇を最大限受ける補助金など

経費を増やして銀行からの評価が不安と思われますがここだけ把握しておきましょう
銀行が見ているのは営業利益
帝国データバンク経常利益
税務署は税引前の利益

具体的な会社にお金を残す方法

  1. ちいさな会社を事業事に建てる
  2. 正しい経費の証明の仕方
  3. 資産の売却や損失
  4. 所得分散を個人法人で実施
  5. 法規税務メリットを最大限活用

こちらの流れに沿って説明していきます。

❶小さな会社を事業事に建てる

メリット

・利益分散して税金を抑える
・接待交際費枠が各社で800万円分増える
・少額減価償却、資産等の優遇税がある
・資本金1000万円以下、給与支払1000万円以下にする事によって消費税が最大2年間免除。個人事業主から引き継げば最大で4年間の免除期間がある

デメリット
・設立費用がかかる

事業にブーストをかけるのは売却を繰り返すこと

30万円の給料=30万円の価値
30万円の利益=1800万円の価値(株式売却時は20%が税金)

これを繰り返すことでしかこの日本でお金持ちになることは不可能

❷正しい経費の証明の仕方

例えば

利益が500万円残りました。なので500万円の車を購入しました。
車は資産計上されるので約400万円の税金が来ました。払うことができないので黒字倒産してしまいました。

意外にやってしまう事例を取り上げました。
こうならない為にはどうすればいいのかの事例をご紹介しましす。

  1. 赤字の会社を持っています。その赤字の会社で車を買います。赤字の会社からリースとして黒字の会社に渡します。黒字の会社はリース代として一括で車購入金額を支払うのでもちろん経費として申請できます。
    *同じ車を買って乗るにしてもどのように買うかによってそれが資産になるのか経費になるのかが変わってきます。
  2. 1000万円の車を知り合いの車屋から購入しました。
    その車屋とは仕事でも付き合いがあるので、車体購入費を300万円、残り700万円は別の項目で請求しされました(仕事の受注等で)
    *普通に購入すると減価償却されないし資産を抑えることもできたわけです

❷に似たようなやり方を応用すればクライアントが喜ぶ領収書の出し方、請求書の出し方ができます

例えば店舗工事の請求書は売却資産がないかなどです
移転する場合によくあるのが、Aのお店を取り壊してBを建てるとしましょう
Aは取り壊すのでいいのですがBは新しく建てるものなので資産になってしまいます。

ですのでAの請求額をかなり多めにしBの請求をかなり抑える事によって資産計上額を抑えることができます

❸資産の売却や損失

BS上での資産を見た時にどうにかできそうもの(資産としてなくせるもの)はしっかり無くしていく
例えば電話加入権を社長に売却する
(*無形固定資産に5万円程度、店舗分を数千円で社長または自分に売ってしまって経費計上する)

❹所得分散を個人法人で実施

  1. 今年100万円利益が残りそうだな…個人所得として計上しよう
  2. 今年1億円利益が残りそうだな….法人側で計上しよう

このようにどのくらい利益が残るかによってどちらで計上して税金を支払うかでも全然違ってきます。
ファミリーカンパニーのように人数で分散する事により所得分散ができるので税金もかなり抑えることができる。

やばい!今年は想像以上に利益が残ってしまいそう。。。

そんな時の対策内容もご紹介しておきましょう

  • 経営セーフティ共済(共倒れ防止)
    年間240万円(上限800万円*社数分&40ヶ月全額返金可)
  • オフィスやリース前払計上
    (等質等量なので税理士、弁護士などは無理)
  • PCなどの請求書などのもらい方も重要
    (数量記載はチェック)
  • ファミリーカンパニーの設立なども重要
    (所得分散など)

❺法規税務メリットを最大限活用

「国」、「都道府県」の助成金、補助金一覧をしっかり見て気になることがあれば税理士に相談して使えるものはしっかり使っていきましょう
自分から情報を取りに行くことが重要です。特に何も知らない状態で「何か使える補助金とかってあります?」なんて聞いた日には何もないと回答が来るだけですからね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
知っていることもあれば知らないこともあったのではないでしょうか?
これらの知識は起業している人なら当然わかっていないといけない知識であり、この日本で起業するなら必ず必須なスキルになってきます。
ただでさえ今後もっと規制がかかり起業することが難しくなってくると言われています。
そんな中で特に知識を付けずに起業するなんて、戦に体一つで行くようなものです
知らないより知ることが大切。知ることより知っていることが大切。知っているより教えてあげることができることが大切です。
これから生きていくためにスキルを身につけていきましょう

■この講義を受けた環境の紹介
・UR-Uについて:https://onlinesalon-mania.com/takehana-uru/
・竹花貴騎について:https://onlinesalon-mania.com/who-is-takehana/
・公式HP:https://www.ur-uni.com/
・公式IG:https://www.instagram.com/mup_college/
・公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCrjIm2uu9IrR5gyst0tH6Ww

コメント

タイトルとURLをコピーしました