ちょっと待って!スキルをつける為のスキルがあなたにはあります?(前編)【UR-U】【竹花貴騎】

未分類

こんにちはSくんです。

今回の記事の内容はビジネススキルを身につけるためのスキルについての記事の前編です
ビジネススキルを身につける為のスキルってなんだよと思うかもしれませんが、
このスキルがないと結局三日坊主で終わってしまう、なんの為にやってるんだっけ?
もうやめよう。なてことで終わってしまいます
ですからこれから起業したい、昇進したい、成功したいと思われている方はまず見て実践してほしいスキルです
このスキルがあるのとないのとでは今後の学び方が全然違いますのでしっかり学んでいきましょう。

■この記事に書いてあること

    • 自己投資の大切さ〜学ぶ前に知るべき未来〜

 

    • 過去3倍の大リストラ時代の到来〜黒字リストラ?〜

 

    • 自己分析で捨てる大切さ〜なぜ去年の自分と変わっていなのか〜

 

    • まとめ

 

 

■この記事を読むことによってどうなるか

    • 自分が今後どうしていかなければならないのかが明確になる

 

    • 今の自分の習慣を見直し新しい習慣を取り入れる重要性がわかる

 

    • これから学び方が180度変わってくる

 

 

■自己紹介
Sくん:昔からの夢がお金持ちになることでした。20歳の時にネットワークビジネスに手をだし500万円の借金を背負い、コツコツバイトをしながらその借金を返しながら友達に東京に誘われ、またお金持ちになる夢を叶えるため東京へ旅立つ。
最初にした仕事がぼったくりキャバクラのボーイでした。毎日毎日お客さんと歌舞伎町交番とATMの往復の日々。そんな中出会ったスカウトという仕事に自分の全てを捧げ1年で月収100万円。スカウト歴5年ほどで最高月収は3000万円までいきました。
稼いだお金は湯水のように使い貯金などもちろんしていませんでした。
ふと「このままではやばい」と思いスカウトを辞め地元に戻りました。そんな中で出会ったのが竹花貴騎さんのユーチューブでした。地に足をつけて明日から使えるスキルをUR-U(ユアユニ)をメインに学び。後を継がないといけない会社で会社員として奮闘しています。
自分が置かれている状況は会社員となんら変わりませんので共感してもらえる方もいるのではないかなと思っているので一緒に頑張っていけたらなとも思いますし、すでに事業をされている先輩方にはご教授願えたらと思いますのでよろしくお願いします。

竹花貴騎さんから学ぶ。自己投資の大切さ〜学ぶ前に知るべき未来〜


皆さんは今なぜ働いていますか?
生きる為に働いていると思います
ですがもう少し掘り下げてみてみると働く為に生きていませんか?
仕事、会社に縛られて、生活する為に仕事をしてたはずが、実際は仕事をする為に生活しているのではないでしょうか
生活と書いて生きる活動です。
仕事の為に生活しているというのはもはや奴隷に近いです。

自由と多様性

自分のやりたいことをやる為にはまずスキルが必要です。
お金は重要だけど実は最重要ではありません
こんな人に見て欲しい
#これから起業したい#昇進したい#今フリーランス#本業とは別に何かを兼業している
これから自分がどう生きていきたいのかまず書き出してみてください
稼ぎ方の構造、仕組みをしっかり把握して体で覚え自動化していく
同時にお金に使われすぎない、囚われすぎないようにしていきましょう
その為に必要なスキルの取得、知識を取得を最優先で行なっていくことがこれから重要になってきます
本当に成功したいと願うのであれば何気なく見ているテレビ、Netflixをいますぐ閉じ学びの時間に費やしていきましょう

過去3倍の大リストラ時代の到来〜黒字リストラ?〜


起業して10年後に残っている会社は1割と言われています。
ですが起業するより会社員でいる方が今は難しいと言われています。
本当に大手企業で働いていることが安定だと思いますか?
このままいくと将来ホームレスになってしまっているかもしれません。
そうなりたくない人はこれから先の内容をしっかりみていきましょう
ホワイトカラー=サラリーマン

  • 麻生さんが老後普通な暮らしをしたいのであれば3000万円は残しておきましょう
  • 国は定年雇用努力を会社に求めています
  • 経団連の会長は終身雇用なんてもう無理。トヨタの社長はなんのスキルもない人間を雇用することなど無理と言っています

リストラリスクが高まっているのは高齢化が進み肩車時代(一人のシニアを1〜2で支える)になっています。

    1. 1962年は胴上げ時代(数十人で一人のシニアの面倒を見ましょう)

みんなで担げば怖くない

    1. 2012年は騎馬戦時代(三人くらいで一人のシニアを面倒見ましょう)

ちょっと少しきついな〜

    1. 2050年は肩車時代(一人が一人のシニアの面倒を見る)

自分の生活があるのにもう一人なんて無理

この犠牲者になるのは今の若者たちなのです。
このようにどんどん増えてくるシニア世代の消費は月に20万円とも言われています。
もちろん新しく家だったり新車といった大きい買い物はしません。
そうなってくるともちろん経済は落ちてしまいます。
経済が落ちてくると会社はリストラをし新しく社員を雇うことが難しくなってきます。
そんな中で救世主が現れました。
それは外国人労働者です
日本人は給料が安い、ワークバランスをしっかりとりたいなどいちいち文句を言います
逆に外国人は、日本に出稼ぎにきているので言われたことはしっかり真面目に働いてくれます。
それもいちいち文句を言う日本人より安い賃金で。
日本の経済は昔に比べて上がってはいるものの、給料は年々下がっています。
この国に日本人だけしかいないのであれば仕方なく雇いますが、
今は外国人が日本には多くいますから、優先的に外国人を雇いたいのが会社の本音です。

ではその中で必要とされる人材はどういう人材か
それはグーバル人材です
グローバル人材とは単に外国語が喋れるバイリンガルのことではありません
仕組みを作れる人材なのかどうかです。
仕事ができるのは当たり前。それを仕組み化して組織を動かせるのかどうかです。
この仕組みを作るのがどうしても日本人は不得意なのです。
それは日本の義務教育に問題があります。
マッカーサーが作った工業生産時代に作られた教育はみんなと同じようにやりなさい。
一人違うことをし始めたらそれを叱り同じレールに戻そうとします。
そこが原因でグローバル人材が育たないと言われています。

会社は社長のものではありません株主のものです。
株主は売上、利益しか見ていません。
どんな社員がいるのかなど全く興味もありません
利益を圧迫してしまう不要な社員はどんどん切っていきます
田舎の会社だったり小さな会社とかであれば株主が社長の場合もありますが、そういった場合は社長と社員がコミュニュケーションを取っているのでちょっとした情でなかなか首を切ることはなかったりはしますが、大体の場合は会社は株主様のものです。

コロナ禍でより一層この流れが強まりよく目にする光景になってきたのではないでしょうか
もう数年後には出稼ぎ、ホームレス時代が日本では普通になってくるでしょう
そこにしっかり備えて今から動かなければなりません。
不思議なことに人間はその時になるまで動こうともしません
「そろそろ動かないとな〜」「すぐすぐ来ないでしょ」
こう考える人が大半です
そういった準備ができていない人から社会から見放され死んでいきます
今の時代自己投資か自己破産かです
スキルをつける前にスキルをつける為のスキルが必要です
人間の集中力は30分が限界と言われています
30分ごとにインターバルをとって勉強、仕事に取り組むことも立派なスキルの一つです
あなたに確実に成功する方法を教えたとします。
それを継続してやり続けることのできる人は10%くらいです
残りの90%の人は諦めたり、途中で飽きます
残りの10%に入りたいですよね?
だったらスキルを学びましょう。
だったらスキルをつける為のスキルをまずは準備段階として学びましょう

自己分析で捨てる大切さ〜なぜ去年の自分と変わていないのか〜

昨日と違う行動を。ちょっとしたことから変えていく

身近なところで一番の敵はなっだと思いますか?
上司?奥さん?違います!習慣です
正しい習慣とはなんなのか
これをわかっていなければ74%のことは忘れてしまう
本当に人生を変えたいのであればまずは生活の中での小さなことから変えていきましょう。
なんでもいいです
「左足から靴下を履くのであれば右足からにしてみる」
「朝はコーヒーを飲むと言う人は紅茶にしてみる」
こういった些細なことを1日の流れの中で習慣を把握して少しずつ変えてみます
そこから徐々に大きなことを変えていくのです

自分の領域以外の人と接していく。自己変革

人間は自分と似たような人間と群れたがります
自分と同じような人間といるから成長しないんです
成長したければ自分の領域以外の人と接していくことが重要です
それを繰り返していろんな人と会っていろんな知識だったり感性を吸収する
それだけで終わったら意味がないのでインプットしたらしっかりアウトプットしていきましょう。
自分はこういう人間だと決めつけ視野を狭めてしまいがちですが
自分はこうかもしれないと、かもしれない思考にシフトチェンジして視野を広げていくことが大事になってきます。

知っていること、できることが増えれば自分がやりたいことが見つかる

多様性なき場に成功なしと言う言葉があります
例えば
東大とハーバードでは多様性の差がかなり大きく出ています
今の時代を作っている大企業の社長たちは東大よりハーバード出身が多いです
それはなぜか
日本は頭のいい人間だけしか東大にはいきません
逆にアメリカには頭のいい人間と頭は良くないがお金は持っている人間の2種類いきます
頭のいい人間のアイディアとお金持ちの資金でたくさんのベンチャー企業が生まれました
その中の一つに皆さんも知っているフェイスブックもあります
同じような人間といても同じようなことしか生まれないです。

よくこんなことを聞かれます
三日坊主で終わってしまうんですけどどうすればいいですか?
この答えは決まってます。四日やれ。です
22日間に法則というものがあります
継続していくことで習慣化していく法則なのですが
例えば子供に毎日お皿洗いをさせるとします
最初はすごく嫌がってやりたくないと言いますが継続してやらせることによってそれが習慣化して1ヶ月後には何も言わずとも皿洗いをしています
このことを知っていることも一つのスキルです

まとめ

大リストラ時代の中でどう生きていけば正解なのかはもう決まりましたね
違った未来にするためには今変わるしかありません

この講義で分かったこれから始める手順

    1. スキルを身につけるためのスキルを習得

 

    1. 今後大きく変化していく為にまず小さな生活習慣から変化させていく

 

    1. 自分の領域外の人と積極的に会っていく

 

 

これをクリアできたら次の講義に移りましょう

結論

スキルがあると、こんなことしたいなこんなことをはじめように変わります


やりたいなとういう憧れの感情からやろうという普通の感情に変わるとういうことは人生においてだいぶ違ってくると思います。
※文章で感情を伝えるのって難しいなって思ったのでちょっと勉強してきます

長々と読んでいただきありがとうございます
もっともっと読みやすい記事にしいく為に改善をしていきながら記事を書いていきますので何かアドバイスなどいただけたらすごく嬉しいです
次の記事もお楽しみください

■この講義を受けた環境の紹介
・UR-Uについて:https://onlinesalon-mania.com/takehana-uru/
・竹花貴騎について:https://onlinesalon-mania.com/who-is-takehana/
・公式HP:https://www.ur-uni.com/
・公式IG:https://www.instagram.com/mup_college/
・公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCrjIm2uu9IrR5gyst0tH6Ww

コメント

タイトルとURLをコピーしました